ハト 対策

スポンサードリンク

ハト 対策のお役立ち情報です。

ハト 対策は・・平和の象徴である「鳩」ですが、被害があるんですね。鳴声や悪臭です。これまで、ネットを張ったり、プロテクタ−を取付けたり、磁気をぶら提る鳩対策等々、行ってきましたが、根本的な解決策がないのが現状です。そこで、当サイトでは、そんな悩みのタネを、解決すべく、情報を集めてまとめました。どうぞ、隅々までお読みください。きっと解決策が見つかりますよ。
ハト 対策は、植物性の鳩防止剤が発売されています。これは、はとが死ぬ事もなく人体にも極めて安全な鳩防止剤を塗布して、1〜2週間で鳩が寄り付かなくなります。これは、すぐれものですね。

ハト 対策は、どうして、これまで、効果がなかったかと言いますと、鳩は、帰巣本能が強く、一度手に入れた場所は、鳩にとって居心地が良いのです。そこで鳩防止剤(B−ST)で鳩の習性や被害状況を見ながら鳩飛来防止工事で、鳩にとっては、居心地の悪い場所へ変えてしまうんです。


ハトは、「ダニ」や「シラミ」などがアレルギーの症状などを引き起こし、「クリプトコックス症」は、肺から侵入して感染すると、最悪、死に至る恐ろしい病気です。その他にも、脳炎やトキソプラズマ症などがハトから伝染すると言われているんですね。これは、大変なことです。とてこ危険です。
防鳥ネット鳩よけネット・・空間を物理的にネットせ塞ぎ鳩の侵入を防止する方法です。鳩の入る隙間はをなくしてしまう方法です。かなり有効です。ただし、この方法、実に、アナログ的な方法で、あまり確実性がありません。効果はありますが、期待がやや薄いのは確かなようです。

有刺剣山器具・・・鳩が停止する場所や隙間などに設置します。針状・棒状の器具で停まりずらくする方法なんですね。これもかなり有効です。こちらは「威嚇」が目的です。この方法のデメリットは、慣れてくると、効果がなくなる点です。初期のころには、実に有効です。費用もそれほどかかりません。電気ショックシステム・・鳩がとまるところに電流を通す配線を設置して停止を防止する方法です。電池タイプやソーラー型がありまして、これはかなり効きますね。磁石・・・強力な磁石を利用して鳩の方向感覚を狂わせ、近づかせない方法です。これは、目に見えない磁石の力を利用した画期的な方法です。仕様は、ワイヤーに組み込まれたタイプとか、装置上のタイプなど多種多様です。しかし、鳩にも色々といまして、効果は測れないんですね。こちらの方法は、デジタル方式です。イチオシです!!音響方式・・・爆発音の発生する装置を設置して、鳩を寄せ付けない方法です。水田の雀脅かしみたいですね。鳩は確かに驚かされます。・・・とまぁ、色々と方法はたくさんあります。健康への被害を考えると、平和の象徴だから・・などとは言ってられませんね。

あみ(網)対策・・・倉庫などでは鳩以外にもスズメなどの鳥がやってくることがあります。農作物では網による対策がとても効果を発揮しています。トウモロコシや水田などに網が張られている光景は日本の風物詩となってもおります。建物などに鳩対策鳥対策を行う場合には、天井の方に網を張り巡らすことが最も有効です。気をつけなければならないことは、作業する際高い場所での作業となりますので、転落による事故にはくれぐれも気をつけなければなりません。高さにもよりますが命綱をつけることが有効です。また万が一のために、高所での作業を行う場合に、転落するかもしれない危険性も考慮し、布団やマットなどを下に敷くなど万が一に備えておきましょう。個人のお宅の車庫などは比較的作業しやすいと思いますが、ある程度の高さがある場合には、建設業者などの専門業者に依頼したほうが無難です。建設業者さんであれば、移動式の高所作業車を手配することができますので、個人のお宅の場合で、必要に応じて建設業者さんに見積もりをとってから進めたほうが安全です。