paypayはapple watchで!

paypayは、apple watchで!

paypayは、apple watchで!

paypayは、 apple watch での決済が便利です。

 

腕時計で支払いの決済ができたらとても便利なので Apple Watch をご購入しようとご検討されている方に、アップルウォッチの Apple Pay とpaypay を使う際の注意点についてまとめました。

 

Apple Watch が普及し始め、Apple Pay や paypay を使う方がとても増えてきました。

 

Apple Watch の欠点

しかし Apple Watch の最大の欠点は、クレジットカードのみの取扱いとなっているところです。
このため、2019年からアップルウォッチで paypay を使用することができるようになっています。

 

クレジットカードの決済は翌月が心配・・

クレジットカードでの決済の場合、支払いは翌月末登録した口座からの引き落としとなります。
これは、買い物がとても楽になってしまいついつい使いすぎてしまう危険性があるのです。

スポンサーリンク

 

そこでおすすめなのはコンビニの ATM からある程度のお金を入金しておき入金したお金の範囲内でお買い物をすると決めてしまうことです。
入金したお金がなくなればそれ以上のお買い物はできませんので、お支払いの仕組みは予め手持ち金を入金した範囲内としておくことです。

 

paypayは、apple watchで!

アップルウォッチで paypay を使用するのはとても簡単です。
アップルウォッチの Paypay のアイコンをタッチしてバーコードを表示させ、お支払いの際に店員さんにバーコードを読み取っていただくことで決済となります。

 

スマホで決済することももちろんできますが、スマホの場合はポケットや鞄の中からスマホを取り出して店員さんに提示する必要があります。
お店の中で商品を持って、鞄などを持っていた場合は、スマホを取り出すのに少々厄介です。

 

場合によっては商品を落としてしまったり、鞄やポケットの中から他のものが出てきて床に落ちてしまうなんていう危険もあります。
腕時計に決済機能があれば、このような煩わしさはないのです。

 

Apple Watch の場合アイコンを事前に表示しておく必要がありますので、お会計をする時に
画面をタッチしてバーコードを表示させ、店員さんに提示してバーコードをスキャンしてもらうだけで決済となります。
後は領収書のレシートを受け取るのみで、お会計は終了となります。

 

アップルウォッチで paypay を使う際の注意点

アップルウォッチで paypay を使用する際、時々「ログインが必要です」と表示されることがあります。
IPhone で paypay のアイコンを開きます。
ログアウトしていれば、 iPhone 上でログインして、再度アップルウォッチで paypay のアイコンを開きます。
この手順で「ログインが必要です」の表示は解消されます。

 

スマホでの決済も同じですが、お会計の直前にこのようなことにならないよう、予め確認しておいた方が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読
メニュー

先頭へ戻る