テレワークを導入した在宅勤務のススメ

テレワークを導入した在宅勤務のススメ

 

新型コロナウイルスの感染が世界中で蔓延しつつある中テレワークの導入について注目が集められています。
国でも安倍首相が出来る限りテレワークで業務を行うことを国民に向けたメッセージの中でも強調して伝えていました。
テレワーク、在宅勤務とは、自宅などにいながら勤務先の業務を行うこと。そのためにはインターネットなどを介して業務を行うことができる環境づくりが必要になります。ただし業務によっては在宅勤務が困難な職種もあります。
製造業や店舗における販売業、運輸業や漁業農業を始め現場で行わなければならない業務についてはテレワークに切り替えることは不可能です。

 

それでは一体テレワークが可能な職種はどんな職種なのでしょうか。

 

現在大手企業がテレワークを導入した事例については通信業を中心とした職種になっています。

 

また国では国家公務員がテレワーク導入を行うとの発表がありました。

 

国家公務員も、全ての業務を在宅で行うわけではなく、資料作成を中心とした業務在宅ワークで行うのではないでしょうか。

 

いずれにしても在宅勤務での勤務形態はまだ日本では浸透されていませんので、これを機に多くの企業が導入に向けて検討をして欲しいと思います。

 

そのためには、国県市町村がまず在宅勤務でのお手本を示してほしいと誰もが思っていると思います。

 

テレワークを導入することによって得られるメリットは、 仕事の効率化が図れることです。
職場に行くと様々な人間関係の中で与えられた業務を進めていかなければならないために、一つの業務を行っていく集中できる環境に欠けているのです。

 

在宅勤務であれば、周囲から話しかけられることもなく一つの業務に集中して取り組むことができるのです。これは実際に導入した大手企業の経営者仕事の効率化が図れたとのコメントをしていますので、テレワークは仕事の効率化に繋がることはどの業務にあっても同じことだと思います。

 

一方でテレワークを導入することによるデメリットは、業務の進捗管理と本当に仕事をしているのかなどの人材管理が挙げられます。また重要なことは顔を見ながら話をして意思決定をしなければ間違った方向に進んでしまうといった危険性もあると思います。

 

このため会議もパソコンを使って行えないかと言った議論もありますか、重要な意思決定を行う場面では様々な課題があるかと思います。

 

またインターネットを使用する場合セキュリティの課題に大きく局面することになりますので、インターネットを介さないで単なるデータ入力的なことであれば問題ないのですが、ネットを活用するのであればセキュリティへの配慮がとても重要になってきます。

 

いずれにしても今回の新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐてもいい子テレワーク導入は必須項目と思いますので、今回のことを契機として企業も家庭もテレワークについて考えていくべきだと思います。

 

新型コロナウイルスの感染が広まっていくことが懸念されている今外出は極力控えた方が良いでしょう。

 

そうなると買い物は、インターネットや電話等を使った配達する方法に切り替えることも可能だと思います。

 

配達する場合、経費がかかってしまうと考えてしまいますが、 多くの世帯で配達を行うのであれば、配達する車が常に巡回していることになるのです。要するに大勢で取り組めば携帯が変わってくることが考えられますのでこの辺りも含めてテレワーク導入について検討をして、できることから早めにテレワーク導入をしていきましょう。

更新履歴